新人教育

新人教育プログラム



メンターメンティーインタビュー

メンターからメンティへ

私はメンターとしてメンティーに頼られる存在となることを意識しています。私のメンターであった先輩は知識や技術面の指導だけではなく、プライベートの話など何気ない会話をよくしてくれる安心感のある心のよりどころのような存在でした。そのような先輩をモデルとして、メンティーが安心して何でも相談できるような存在でありたいと心掛けています。


メンティからメンターへ

看護師となり半年以上が経ちました。最初は日々の業務を覚えることに必死でしたが、少しずつ余裕が持てるようになり、看護についてより深く考えられるようになってきました。メンターは私たちメンティーの立場になって無理なく知識や技術を習得できるようにサポートをしてくれます。優しいメンターがいるからこそ、自分らしくやりがいを感じながら働くことが出来ています。これからも指導を受けながら専門性の高い看護が提供できるように頑張っていきたいです。


ホームページ教育

いつでもどこでも看護が学べる「ナーシングスキル」を導入