男女共同参画

Working mother 応援プロジェクト活動について

「妊娠・出産しても、子育てしながら笑顔で働き続ける」ためのサポート活動を行っています。

 これは、看護協会が推進する「ワーク・ライフ・バランス※1の実現」への取り組みのひとつです。この活動の先には、ワーキングマザーだけではなく、看護師だけでもなく、職種も越えて、全ての職員がお互いに支えあえる、より良い職場環境になることを目指しています。
 働き方も多岐にわたってきていますが、勤務時間の短縮や看護休暇等の制度利用が可能になっても、実際のサポートや具体的な仕事内容は、各病棟で様々なのが現状です。ワーキングマザーが働き続けるためには、本人の頑張りや周囲のスタッフの理解・思いやりに頼るだけではなく、現状の把握と評価に基づいた病院全体のサポート体制が必要不可欠です。ワーク・ライフ・バランス(WLB)の実現に向け、看護職の離職率を減らし、妊娠・出産しても「子育てしながら笑顔で働き続ける」ための働き方の変革を行うために、2011年8月26日、当プロジェクトをたちあげました。現在は、男女共同参画キャリア支援センターの支援のもと、組織で連携をはかり、働きやすい環境づくりに向けて活動を続けています。

今までの活動内容

・組織化強化活動
(男女共同参画キャリア支援センター・臨床心理士・看護部・管理課・人事課・不妊症看護認定看護師・院内保育園等との連携)
・院内報(働くママのリアルな日常:ロールモデル紹介)
・オールマリアンナナレッジフェアポスター展に参加・入賞
・ワーキングマザー同士の交流会開催
・シンボルマークの作成
・LINEグループの活用
・病棟ラウンド(本院)
・ニュースレターの発行、各種情報提供(本院)
・妊娠おめでとうカード、復職お帰りなさいカードの配布(本院)
・衛生学的手洗いの歌(子供向け)作成とポスター作成・配布(本院)

シンボルマークの意味

幸運のシンボルとしても有名な、ケアンズなどの熱帯地区に生息する青い蝶「ユリシス(日本名:オオルリアゲハ)。」とても美しく、虹青色に輝く羽をもつ、大きな蝶です。その輝きは数百メートル先でも確認ができ、大空をスピーディーに、優雅で華麗に飛び、多くの人の心を魅了します。この姿は育児と仕事の両立に奮闘しながらも、美しくはばたき続けたいと願うワーキングマザーのシンボルマークにぴったりです。

出産は奇跡です。命の数だけ物語があるのです。

※1:ワーク・ライフ・バランス(Work-life baalance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、仕事と生活の両立を無理なく実現できる状態のことです。仕事と生活を調和させることで、両者間に好ましい相乗効果を高めようという考え方と、その取り込みをさします。少子高齢化が急速に進む日本でもこの考え方への関心が高まり、政府が経済・労働界トップとともに2007年(平成19)年12月18日に「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」を策定しました。

育児と仕事の両立応援しています!

〜こんな時どうしたらいいの?〜

子供が病気の時、どうしてる?
時間短縮制度って?いつまでとれるの?
育児時間、看護休暇ってなに?
育児と仕事を両立させる工夫は?どんなサポートがあるの?
小1、小4の壁って?
放課後の子供の過ごせる安全な場所は?
パパでも育児休暇取れるの?

妊娠・出産に関わることや、育児と仕事を両立するための制度があります。
そして、悩みを相談する場所があります。
一人で抱えこまず、まずは、声に出してみてください。
あなたの笑顔が、子供たちは大好きです!

2016年、当院は神奈川労働局より認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました!
赤ちゃんが大事に包まれる「おくるみ」と、子どもがやさしく「くるまれている」という温かい印象、「職場ぐるみ・会社ぐるみ」で子どもの育成に取り組もう、という意味が込められています。